2008年04月05日

7/12(土)第1回増澤明希子レクチャーコンサート

カノン工房主催で、ピアニスト増澤明希子さんによる、レクチャーコンサート4回シリーズを開催します。

第1回は7月12日土曜日の15時開演。第2回は12月13日の土曜に。
詳細は、あらためて。


決まりました!!
チケットのお申し込みは、カノン工房のメインサイトから、どうぞ!!
=========================
カノンホール「お話と演奏」シリーズ


増澤明希子「ピアノの喜・怒・哀・楽」

1回「喜」<愛・歌>
Akiko.jpg
ショパン:ワルツ第1番 OP.18 Es-dur
リスト:ペトラルカのソネット第47番、104番、123

シューマン=リスト:献呈
ドビュッシー:喜びの島
  




開演/712() 15時・・・開場1430

入場料金/大人2000円  60歳以上1500円  高校生以下1000

【ご来場2回目の方は、入場料金を1割引とさせていただきます】
第2回は1213()15時より、「怒・哀」<革命・メランコリー>を開演します!
演奏予定曲目/ショパン「エチュード 革命」「別れの曲」「ノクターン第2番」「幻想即興曲」、ラフマニノフ「ソナタ第2番」ほか
 


企画/増澤明希子

東京音楽大学および尚美学園ディプロマコース卒業。ロゼ・ピアノコンクール'99一般の部A第2位。200203年サン・マロー夏期講習会(フランス)2004年ショプロン・ピアノアカデミー(ハンガリー)に参加。各種演奏会、マスタークラス、ハンガリー・エステルハージ宮殿におけるファイナルコンサート等に出演。2005年ポーランド・クラクフ室内管弦楽団とショパンのピアノ協奏曲第2番を共演。2007年杉並公会堂小ホールにてリサイタルを開催。これまでに、吉岡優子、玉置善巳、関根有子、梅根恵、堀江孝子、松浦豊明の各氏に師事。ソロおよび室内楽奏者として活躍。後進の指導も行っている。 


会場/カノンホール  03-5917-4355(カノン工房までお電話ください)
新宿区若葉1-22-16 ASTYB1(おなじみコア石響と同じ会場です)
JR/地下鉄丸の内線・南北線「四谷」駅下車徒歩7分 

ご予約・お問い合わせ・主催/カノン工房  office@atelier-canon.jp  t/03-5917-4355  f/03-5917-4356
カノン工房・・・http://www.atelier-canon.jp/
カノンホール情報ほか・・・http://canon-biyori.sblo.jp/
1710021 豊島区西池袋4-21-17-105
posted by カノン工房 at 09:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 2008年7月
この記事へのコメント
通常はクラシック演目の曲解説等は、上演日とは別に設けられる事が多いと聞きますが、音楽を勉強している学生ならともかく、一般の客にとってはこれはかえって面倒に思います。
しかし今回、演奏者が曲解説と語りを自らする、という新しい試み、非常に興味深いです。
ぜひ、楽しみにしております。
シリーズ化として確定してください。
Posted by Ryo at 2008年06月02日 12:17
Ryoさま
はじめまして。カノン工房の鈴木と申します。
メッセージをありがとうございます。
この企画は、難しい解説や通好みの選曲ではなく、子どもからお年寄りまで音楽を楽しんでいただけるよう企画されたものです。
ご期待に応えられるよう今後も努力して参ります。
ご声援のほどよろしくお願いいたします。
Posted by カノン工房 at 2008年06月03日 09:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13602924
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック